title

グランダキシンのジェネリックをご紹介!!

グランダキシンのジェネリック

自律神経はストレスなどの影響でバランスが乱れやすいため、より多くの方に影響を与える機会が多いといえます。

グランダキシンは副作用が起こりにくく作用時間も短いため、比較的使用されやすい薬ですので、比較的初期の症状の方にも使用されやすいですし、精神病とは思われたくない・認めたくないという方にも服用されやすい薬です。

その為日本の製薬会社も含めて、世界中の製薬会社からもジェネリック薬が開発されています。

特にジェネリック薬を多く開発しているインドのジェネリック薬は評価も高く、世界中で販売されていています。

TOFISERN(Consern Pharma )

グランダキシンのジェネリック薬であるTOFISERNは、Consern Pharma社というインドにある製薬会社から開発・販売されています。

日本では海外医薬品を扱う通販サイトで販売されていて、有効成分であるトフィソパムの配合量が50mgと100mgの2種類があります。

どちらも白い錠剤タイプで、50mgですと50錠2,380円で、100mgですと50錠3,800円で販売されています。

服用方法はグランダキシンと同様に50mgを1日3回1錠づつ服用しますが、服用量には個人差がありますので、注意が必要です。

日本では50mgが処方されていますので1度に多く服用する必要のある方は錠数を減らすことが出来ます。

トフィソパム(サンファーマ)

トフィソパムは、インドの製薬会社であるサンファーマ社から開発・販売されているグランダキシンのジェネリック薬です。

サンファーマ社はジェネリック薬を中心に世界中に医薬品を輸出している国際的な製薬会社として知られています。

白色の丸い錠剤タイプで、50mgと100mgの2種類が販売されていて、価格は50mgが100錠から販売されていて100錠4,750円。100mgは50錠からの販売で50錠4,280円となっております。

トフィソパムもグランダキシン同様に個人差はありますが基本的に1日に3回服用する必要がありますので、多くの量を服用する必要のある方は成分量の多い方を選んだり、減らしていきたい方は少ない方を選ぶことが出来ます。

まとめ

作用時間が比較的短く、副作用が起こりにくいグランダキシンは、世界中でジェネリック薬が開発・販売されています。

日本の製薬会社からもジェネリック薬は開発されていますが、ジェネリック大国と言われるインドでも開発・販売されています。

外国の製薬会社は不安という方でもインドの製薬会社は日本と提携するほど信頼度も高く、インドから日本だけでなくアメリカやヨーロッパなどに医薬品を輸出しているほど世界で認められている製薬会社です。

これだけ世界中で販売されている医薬品ですので、より自身に合った薬を見つけることができるでしょう。