title

グランダキシンの効果を徹底解説!!

グランダキシンの効果

グランダキシンは自律神経系のバランスの乱れを整える効果があります。

自律神経はとても重要で、自律神経失調症や、更年期障害、卵巣欠落症状などは、ホルモンや神経伝達物質の異常等によって、自律神経のバランスが悪くなる事で起こります。

その症状は様々ですが、主に頭痛や倦怠感、発汗などがあります。

このように、自律神経のバランスが悪くなると、身体に異常はないのに不調となるなど、人間の身体に様々な影響を及ぼしますので、グランダキシンを服用することによって自律神経のバランスを良くし、症状を緩和させる働きがあります。

自律神経の乱れを整える

自律神経というのは、全身の器官をコントロールしています。

心臓を動かすのも食べ物を消化するのも自律神経が働いているからで、食べ過ぎてしまったからたくさん消化しよう!というような事が出来ないように、自分の意思ではコントロールすることが出来ない神経です。

自律神経には、交感神経と副交感神経というのがあり、それらのバランスが崩れた状態が、自律神経が乱れていると言われる状態です。

自律神経が乱れると全身の器官のコントロールが上手くいかなくなりますので、

頭痛や疲れやすくなったり、集中力が低下するなど、体の様々な場所に様々な症状がでてしまいます。

グランダキシンには、脳の視床下部という場所に働きかけて自律神経の乱れを整える作用がありますので、特に起こりやすい症状である頭痛や、倦怠感、発汗などの緩和に役立ちます。

自律神経が乱れる理由は、大きくストレスなどが原因です。そのストレスの原因は仕事や人間関係など多くありますが、女性ならではのホルモンに関係する更年期障害や卵巣欠落症状が原因で自律神経が乱れる場合もあります。

その場合の症状にもグランダキシンはしっかりと作用しますし、副作用が比較的少ないのが魅力です。

有効成分であるトフィソパムとは

自律神経の乱れを整える働きのあるグランダキシンの有効成分はトフィソパムという抗不安薬で、ベンゾジアゼピン系に分類される薬です。

ベンゾジアゼピン系は、眠気やリラックス感に関係がある大脳辺縁系という場所に作用しますので、抗けいれん薬や、鎮静薬、健忘症の症状がある方に処方されます。

細かく分けると、2つの受容体があり、1つは睡眠やけいれんに作用する受容体、もう1つは不安感などに作用する受容体で、睡眠やけいれんに作用する受容体は睡眠薬、不安感などに作用する受容体は抗不安薬となります。

しかしトフィソパムは、通常のベンゾジアゼピン系とは違い、脳の中の視床下部という場所に作用しますので、睡眠薬や抗不安薬というよりは、自律神経の乱れに作用する特徴があります。

視床下部の異常反応である血管収縮による頭痛などを緩和する働きがあり、ストレスなどからくる自律神経の乱れを整える効果があります。

日本でも多くの製薬会社から販売されていて、抗不安薬や抗うつ薬として処方されると、中には自分はうつ病などではないと自己判断し、服用しない方のためにも多く使用されています。

作用時間が短く副作用が少ないため服用されやすい事からも多く使用されています。

グランダキシンの適応症状

グランダキシンは自律神経のバランスを整える働きがありますので、様々な症状に使用されます。

自律神経失調症はもちろんですが、更年期障害も自律神経のバランスが崩れる事によって起こる症状ですので、更年期障害の主な症状である倦怠感や発汗などに改善作用があります。

また、一見直接関係なさそうに思われますが、多汗症にも改善作用があります。

それは、多汗症の症状がある方の中には、恐怖心や不安感が原因で発症する事がある為です。

自律神経失調症

自律神経失調症というのは、特別な原因がないにもかかわらずイライラや頭痛など様々な症状が続いたりと体の調子が悪くなる症状です。

主にストレスが原因とされていて誰にでも起こりうる症状ですが、人間関係等の精神的なストレスや気温や生活リズムからくる肉体的なストレスが持続的に加わる事で、自律神経の働きであるストレスを排除する作用が強く出すぎてしまい、交感神経が強く出すぎたり、逆に副交感神経が強く出すぎたりとこれらのバランスが崩れてしまう為に起こります。

人間の身体は通常日中は交感神経が働き活動的になり、夜は副交感神経が働き眠るように出来ています。

そのリズムを崩すと自律神経のバランスは崩れやすくなります。

自律神経は内臓のあらゆる箇所に作用していますので、バランスが崩れると身体のいたる所に症状があらわれます。

グランダキシンは脳の視床下部に作用しますので、強く出すぎた交感神経を抑えたりする事で自律神経のバランスを整える働きがあります。

自律神経失調症の様々な症状の中でも頭痛や倦怠感、発汗に改善作用があります。

多汗症

多汗症という症状は、全身に汗をかく全身性多汗症と、手や足だけなど身体の一部だけ汗が増える局所多汗症の大きく2種類あります。

どちらも、原因が分からない原発性や感染症、神経障害や神経疾患によるものがあります。

治療法として、主に塩化アルミニウムなどを直接塗る方法、イオントフォレーシスという電流を流す方法、

腋など治療しにくい箇所などによく用いられる注射をする注射療法、また胸部の交換神経節を切る交感神経遮断術という手術があります。

多汗症となる理由は現在のところ、まだハッキリとした理由は分かっておりませんが、

発汗を促す作用のある自律神経の中の交感神経が通常よりも反応しやすいのではと考えられています。

交感神経を正常の反応にし自律神経を整える事で多汗症の治療になるということから、グランダキシンを服用するという方法があります。

程度にもよりますが多汗症の方の中には、発汗する事に対して恐怖心から情緒不安定にもなる場合もありますので、抗不安薬の作用もあるグランダキシンを服用する事で、気持ちが落ち着き症状が緩和するといわれています。

更年期障害

更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少する事で起こります。

ホルモンの分泌が安定しなくなると、同時に自律神経にも影響を受けバランスを崩してしまいます。

更年期障害の症状も身体のあらゆる箇所に影響するのはその為です。

治療法は主にホルモン剤を服用するホルモン補充療法が多く用いられていて、ホルモン剤の服用が合わない方には漢方薬を服用する場合もあります。

しかし、更年期障害の症状の原因はホルモンの減少によるものだけではありません。

更年期の時期にはお子様の仕事の事や老後についての不安感など心理的ストレスを受けやすい時期でもある上に、ホルモンが減少し自律神経にも影響しやすくなることでバランスが崩れる方も多く、うつっぽくなる方もいるほどです。

自律神経のバランスが崩れた事によって起きたと考えられる症状として、頭痛や倦怠感、発汗、立ちくらみ、動悸などが上げられますので、そのような症状がある方はホルモン剤だけでなく、自律神経のバランスを改善するグランダキシンを服用する事で症状が緩和されます。

まとめ

グランダキシンは自律神経のバランスの崩れを整える働きがある、副作用も少なく多くの方に服用されやすい薬です。

自律神経は人間の身体にとても大きく影響する神経ですし、自分の意思ではどうにもならない神経です。

その為自律神経のバランスを崩してしまうと、身体のあらゆる箇所に不調が出てしまいます。

有効成分は抗不安薬であるトフィソパムで、自律神経失調症を初めとする。

自律神経に影響がある多汗症や更年期障害の症状を緩和する働きがあります。

病名は異なっていても、原因はストレスなどから来る自律神経のバランスの崩れですので、多くの症状に作用します。